多世帯住宅

世帯と世帯をつなぐ空間に
心地よさが共鳴する住まい。
クレバリーホームが目指した
新しい多世帯住宅のカタチです。

基本性能

多世帯住宅でもクレバリーホームの住宅としての
基本性能は完備。

  • 耐震性
    「プレミアム・ハイブリット構造」で木造住宅では最高品質の耐震性を実現しています。
  • 耐久性
    通気構造や湿気の多い場所に使われる部材も湿気に強いものを適切に選ぶなど、高い性能が損なわれることのないように十分な湿気対策を施しています。
  • 断熱性
    クレバリーホームの住宅は気密性、断熱性が高いため、一年を通して快適に過ごすことが可能です。
  • タイル
    耐候性、耐汚性、耐水性に優れ、長い歳月でも色あせや劣化がほとんどみられない特性をもつ外壁タイルを採用しています。優れたメンテナンス性により、20年後も30年後もその美しさを保ちます。
  • 自由設計
    考え抜かれた家事動線やすっきりとした収納。家のどこからでも声が届いて、普段から子どもを見守れる間取り。見上げるたびに実感する、広々とした大空間。趣味の道具を、飾るように収納できるこだわりの詰まった空間。そのすべてが実現可能です。

多世帯住宅の
商品ラインナップ

Harmonie(ハモニエ)

クレバリーホームがお届けする多世帯住宅シリーズ「Harmonie(ハモニエ)」。『Harmonie』は、親夫婦、子ども夫婦の「ライフスタイルの違いから1つの建物の中で共同生活することは難しいが、近い距離で暮らしたい」という要望を叶えた、新しいコンセプトの多世帯住宅です。

「小路」という空間で
仕切られ、つながる、
つかず離れずの
心地よい暮らし

従来の多世帯住宅は、親世帯と子世帯の生活スペースは
壁や天井によって仕切られますが、
「Harmonie(ハモニエ)」は「小路」という
共有の空間によって
世帯と世帯の生活スペースを仕切ります。
それぞれの世帯は「小路」を通り、
各玄関にアプローチすることで、
自然と顔を合わせるコミュニケーションを創出。
毎日の生活に欠かせない「小路」という空間が、
世帯と世帯をゆるやかに仕切り、
つなぐ、つかず離れずの心地よい暮らしを育みます。

世帯と世帯をゆるやかに
仕切り、つなぐ、
「小路」アプローチ

住まいの中心を縦貫するように配置した「小路」。
親世帯と子世帯は、「小路」によって分節され、
それぞれ独立した生活空間を構成します。
各世帯の玄関はそれぞれ「小路」の中に設け、
玄関へのアプローチとして
「小路」を通ることで、行き交う機会をつくり、
自然と顔を合わせ、会話を生む。
生活の中心として世帯と世帯をゆるやかにつなぎます。

生活動線の分岐点になる、
みんなの和室

「小路」に面し、親世帯と子世帯をつなぐ
動線の分岐点にある「共用和室」。
それぞれの専有空間に足を踏み入れなくても、
日々必要なコミュニケーションをとれる
待合ラウンジのような空間です。
ゲストのちょっとしたおもてなしにも最適です。

小路プラン

「小路」という共有のアプローチ空間を
住まいの骨格として機能的に採り入れることで、
毎日の生活の中で親世帯、子世帯が自然と集い、
ふれあい、会話が生まれる。
そこはまさに、多世帯がそれぞれの生活を営む中で感じる
“心地よさ”が共鳴する場所。
分離型でも共有型でもない、「小路」型の多世帯住宅。
クレバリーホームが目指した新しい多世帯住宅を、
もっとも象徴的に具現化した住まい。
それが「Harmonie(ハモニエ)小路スタイル」です。
外壁は、親世帯と子世帯を分けるように2種類のタイルを採用。
「小路」入口の表門まわりにはアクセントタイルを貼り分けて、
視認性を高めるとともにゲート性を演出します。

都市型区画で実現する
「小路」コンパクトプラン

「小路」は最奥部で「共有和室」につながり、
和室を通り抜けて裏門まで続きます。
中庭、和室と一体的に、より濃密な空間を形成します。

多世帯住宅の実例

実例はまだありません。

他の家タイプをみる