コラム

ハウスメーカーと工務店の違い

家づくりコラムー小林ー
ハウスメーカーと工務店の違い

 

ハウスメーカーと工務店、家を建てるならどちらがいいの?そもそも何が違うの?という疑問はよく聞きます。そんなハウスメーカーと工務店の違いを解説したいと思います。
ハウスメーカーと工務店の違い、それぞれのメリットとデメリットを解説いたします。

 

 

ハウスメーカーの特徴とメリット・デメリット

ハウスメーカーの特徴

ハウスメーカーとは、全国展開している住宅建設会社であるが、正式な定義はない。

また、全国展開していないが、少数の都道府県内において展開するハウスビルダーもある。

テレビCMでも広告しており、知名度があり、ブランド化されている。また、各地の住宅展示場にモデルハウスがあり、イメージがしやすい。

メリット

〇 工務店と比べ工期が短い。(但し工法等による。)

〇 モデルハウス等を見て、自分が建てる家をイメージしやすい。

〇 新しい基準や制度に対応することができる。

〇 保証の制度がしっかりしている。

デメリット

× 間取りや仕様の自由度が低い。(シリーズの中でしか選べないメーカーもある。)

× 地域特有の補助金などが貰えない場合がある。(本社が該当県にないといけないなどの制限)

地元工務店の特徴とメリット・デメリット

地元工務店の特徴

地元工務店とは、地元に根付いた建築会社、住宅専門のところもあれば、住宅以外の建築も行う会社もあります。

ただ、家の工法やデザイン、考え方、仕様など、独自の考えによって決まっている為、いい家を建てれる会社なのかが、わかりにくい。

メリット

〇 間取りや設備などの要望に対する自由度が高い。

〇 地域特有の補助金をもらえる場合がある(地域の材料を使用するなどの制限)。

デメリット

× 間取りや仕様の自由度が低い。(シリーズの中でしか選べないメーカーもある。)

× モデルハウスなどが無い場合、どんな家ができるか、イメージしにくい。

※あくまで、個人的な所見です。

クレバリーホーム東濃店について
クレバリーホーム東濃店は、ハウスメーカーと言えばハウスメーカーに入りますが、少し異なります。
クレバリーホームは、フランチャイズのハウスメーカーになります。
フランチャイズシステム
フランチャイズシステムとは、加盟店方式で全国に販売網を持つ営業システムのことです。
フランチャイズ本部が商品の開発・研究をはじめ、各加盟店に一括購入でコストダウンをはかった資材の供給、また、販売・設計・施工のノウハウを継続的に行う一方で、地域に根ざした各加盟店が、販売・施工を行います。
引用:クレバリーホームHP 家づくり用語集
簡単に説明すると、ハウスメーカーの特性と地元工務店の特性を併せ持つ住宅建設会社です。

重要ポイント

ハウスメーカーのノウハウと商品力 × 地元工務店のこだわり自由設計

ハウスメーカーとしての知名度を持ち、工法、技術のノウハウ、を活かして、地元の建設会社が理想の家を建てるということです。

シリーズや特徴、保証やアフターメンテナンスについては、別記事で詳しく書きます。

 

まとめ

ハウスメーカーと地元工務店でどちらにするか悩まれる方がいますが、それぞれ特性が違います。

そして、ご自身の理想とする家づくりの為には、どちらがいいのかを考えてみるのもいいと思います。

ここでは、金額について書きませんでしたが、ハウスメーカーだから高い、地元工務店だから安いという事はないと思っています。

お値打ちなハウスメーカーもあれば、高い地元工務店もあるあからです。

どちらがいいかわからない。という場合、ハウスメーカーのメリットと地元工務店のメリットを併せ持つクレバリーホーム東濃店はいかがでしょうか?

もっと詳しく話を聞きたい!! クレバリーホーム東濃店では、どんな家づくりができるのか?など気になったら、是非遠慮なくお問い合わせください。↓

この記事を書いた人