コラム

マイホームに床暖房を入れたい人のためのお役立ち知識〜種類や注意点も解説〜

家づくりコラム
2022.10.27

こんにちは!岐阜県で外壁タイルの家をご提案している名稲建設/クレバリーホーム東濃店です。段々と秋も深まり気温も下がってくるこれからの時季。お家の中の寒さ対策も始めておきたいところです。
そんな寒さ対策として、検討される方も多いのが床暖房。床暖房とは、床下にヒーターや温水等が流れるパイプを敷設して、その上から床材を張る暖房設備のこと。エアコンやファンヒーターのような直接温風で暖める暖房器具とは異なり、床から直接伝わる「伝導熱」と床から空間に広がる「輻射熱」との組み合わせで部屋を暖めています。実際、クレバリーホーム東濃店で、この秋マイホームを完成されたお客様のお家にも床暖房が入っています。
今日は、マイホーム計画をする上で、床暖房にまつわるお役立ち知識をご紹介しましょう。

▶︎床暖房、入れるならどこに入れる

床暖房を入れる空間として人気なのは、リビングダイニング和室
お料理中に足元が冷えるのが嫌、という理由からキッチンにも入れる方もいらっしゃいます。

LDKに床暖房を入れる場合、「リビングだけ」「ダイニングだけ」というように、床暖房をつける場所をゾーンごとに区切れる仕様にしておくと、無駄なエネルギーコストもかからず省エネになります。

▶︎床暖房の種類は?

床暖房は暖め方によって「電気ヒーター式」と「温水式」に分けられます。電気ヒーター式は電気を熱源として放熱し、部屋を暖める床暖房のこと。「PTCヒーター式」や「電熱線ヒーター式」などの種類があります。
温水式床暖房は電気を利用する電気ヒーター式とは異なり、床下に這わせたパイプに温水もしくは不凍液を循環させることで空間を暖めています。燃料にはガスや灯油、電気を、単独もしくは複数組み合わせて使用しています。

▶︎床暖房を入れる際の注意点は?

快適に部屋を暖められる床暖房ですが、少なからず乾燥します。しかし、エアコンのような温風が出る暖房器具に比べると、比較的乾燥しにくいです。エアコンは、温風により短時間で水分が吸い取られ、部屋がとても乾燥するのです。

参考にしてみてくださいね!

\お客様の声も掲載中/
★クレバリーホーム東濃店の施工事例はこちら